全国エポ工法協会〜あらゆるマンホールのご相談にお応えします〜

資料請求・お問合せ



会員ページ

協会からの連絡

  • 2011-07-26

    下水道展’11東京に出展いたしました。

     

    日時: 平成23年7月26日(火)~29日(金)
    会場: 東京ビッグサイト
    ブース: 第3ホール 6-64
    出展テーマ: 今日と(京都)明日(Earth)のエポ ~京都議定書に貢献するエポ工法~
    出展趣旨: 1. 人と環境にやさしい施工に貢献
    2. 根拠となる技術認定として
    (1)国土交通省(NETIS)にて「少実績優良技術」の指定
    (2)(財)土木研究センターより4つの技術認定を取得
    4つの技術認定のうち「耐久性の確保」を他工法に先駆けて取得
    3. 各技術認定によって証明できる特長
    (1)ライフサイクルコストの低減に貢献
    (2)周辺居住者の方々に安心・安全をご提供できる以上により、全国エポ工法協会は「価格競争」から「品質競争」を合言葉に、皆様方のお役に立てる工法として、たくさんプレゼンテーションをさせていただいておりますので、是非お運び下さいますように。
    出展展示物: 1. 新型カッター装置
    2. エポクリーン
    3. どこでもカッター【有効長550㎜】
    4. クラウンチップ
    5. 新型複動式油圧破断機
    6. 転圧機(転圧板φ920用)
    7. エポ工法ならではのQ&A
    8. 「EEカット工法」のパネル展示
    ブース来場者数: 1,287人
    総来場者数: 80,891人



  • 2011-07-13

    日本下水道新聞に掲載されました。平成23年7月13日



  • 2011-06-08

    理事会・第26回定時総会開催(ホテルグランヴィア京都)

    日時: 平成23年6月8日(水)
    会場: ホテルグランヴィア京都(京都市下京区)
    13:00~ 理事会
    14:30~ 総会
    16:30~ 懇親会



  • 2011-04-09

    「月刊下水道」4月号に掲載されました

     

    「ボルトカッター修繕工法」と「EEカット工法」が「月刊下水道」4月号に掲載されました。
    どちらも「エポ工法」で培った品質の高い技術がなしえた工法で環境負荷の低減やコストダウンを可能にしています。
    是非一度ご覧ください。



  • 2010-07-28

    下水道展’09東京に出展いたしました。

    日時: 平成21年7月28日(火)~31日(金)
    会場: 東京ビッグサイト
    ブース: 展示ホールD 6-8
    出展テーマ: 今日と(京都)明日(Earth)のエポ ~京都議定書に貢献するエポ工法~
    出展セールスポイント: 私たち全国エポ工法協会は、『京都議定書』の通り日本発の環境改善に貢献するために、マンホール蓋換え・蓋高調整・新設、維持工事を通して、いち早く取り組んでいるところでございます。とりわけ、平成9年より、(財)道路保全技術センター様より技術認定をいただいております【施工性の向上】【安全性の向上】【平たん性の確保】に加え、平成19年の2回目の更新時には【耐久性の確保】の技術認定を取得することができました。この『耐久性の確保』こそが、私たち全国エポ工法協会が待ち望んでおりましたものでございます。
    つまり、全国エポ工法協会員の後付工法による高品質な施工で、耐久性が確保されることにより、維持保守期間が長くなり、工事による渋滞、騒音、振動、粉塵を抑制でき、生活環境の改善向上が図れるばかりか、コスト面においても、将来発生する維持管理費用(LCC)の低減に大きく貢献できるからでございます。また、昨年度より、国土交通省様では、原則ご発注に際し、総合評価方式のご採用が決まっておりますが、この点おいても必ずやお役に立てるものと、自信をもって皆様方にご提案をさせていただく次第でございます。
    出展展示物: 1. カッターΦ1630
    2. どこでもカッター
    3. ESコンクリート供試体、ESハイコン供試体
    4. 後付工法ジオラマ




1 3 4 5 6 7 8 9 10 11



ページトップヘ